材料は米麹1kgと水だけ!炊飯器で作るかんたん甘酒の作り方

米麹1kgで作る!!

たまに立ち寄る道の駅『発酵の里 こうざき』

千葉と茨城の境にある(私は“ちばらき”と呼んでます)香取市神崎町にある道の駅ですが、あたり一面に広がる田んぼの中にあるにも関わらず、毎回結構混んでます!

ここに発酵食品などが豊富に揃っているお店、『発酵の里』というお店があります

お店の一番奥の冷蔵コーナーにお目当ての米麹が並んでいる!

その量なんと1kg!!

普通のスーパーではこれだけの量が入ってるのって置いてませんよね

価格は詳細は忘れましたが大体900円くらいだったと思います

ネットで売っているものと同じくらいの値段でしょうか

特に産地やお米の種類にこだわりがないなら安いもので試してみてもいいかもしれませんね

用意するもの

5号炊きの炊飯器

1kg分の米麹は5号炊きでギリギリ作れます

基本的に保温機能を使いますが、「低い」「高い」の選択ができる場合は温度が60度以上にならないよう説明書を読んでおきましょう

米麹

今回は1kgの乾燥麹を使います

created by Rinker
伊勢惣
¥1,355 (2020/09/23 04:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

(厳密には50度~60度のお湯)

麹のg数に対して同じmlのお水を50度~60度に熱して置いて下さい

今回私は約1L入れました

4時間くらい経つとかなりの水が出てくるので、始めは同じ量か1.2倍くらいのml数で様子を見ましょう

時間

4時間目に一度かき混ぜ、8時間で出来上がりなので休日に作るのがオススメです

私は休日に朝起きて作り始め、お昼ご飯のときにかき混ぜ、夕方の買い物が終わる頃できあがり

という感じで作っています

作り方

麹をほぐして炊飯器に入れる

私が使った麹は結構固まりのまま入っています

なのでちゃんと洗った手でボカボカほぐして炊飯器に入れます

ふわふわな麹菌がびっしりついているので一瞬カビを思い浮かべますがちゃんとした麹菌なので大丈夫!

少し力を入れるとすぐほぐれていくのでガンガン入れましょう

ただ、結構菌が舞うのであまり思いっきりすわないように…毒ではないですがむせます!

全然ほぐれてないように見えますが…入ればよかろうなのだ!!

水(お湯)を入れる

ということで、今度は50度~60度のお湯を入れてひたひたに馴らしていきます

これ大丈夫かな…

ってくらい入っていますが、あふれたりしないので大丈夫です

発酵している途中、結構な水が出てくるので少し足りないかなってくらいでOK!

出来上がってからの保存がしやすいので水は気持ち少ないくらいでちょうどいいです

注意

60度以上の熱湯を入れると麹菌が死んで発酵しないそうなので注意!

 

清潔なフキンを濡らしてかぶせ、いざ保温!

ちょっと分厚いフキンを水が滴り落ちないくらいに絞り、被せます

そして炊飯ではなくて必ず保温ボタンを押してください

間違って炊飯を押してしまうと高温になり、発酵せず失敗します

私は衛生面と効率を優先してフキンを使わないほうなので、スコッティの洗って使えるペーパータオルを使います

分厚くて水で濡らしても破けにくく丈夫なので重宝しています

クレシア/スコッティ ファイン 洗って使える ペーパータオル 61カット 6ロール

4時間後 かき混ぜる

1度様子見でかき混ぜたくらいで、ほとんど放置でした

やはり量が多いので熱の行き渡りにムラが心配という方は2、3回かき混ぜても大丈夫です

今回はとくにそういうことはありませんでした

段々発酵が進み、水分が出てきておかゆみたいになってきます

こんな感じになっていればちゃんと発酵はできているので、さらに3時間~4時間、かき混ぜながら待ちます

7、8時間後 できあがり!

完成ー!!

今回は夜中になってしまったので7時間くらいで終了です

あとはこれを容器に移し、冷蔵or冷凍保存します

冷蔵・冷凍保存

 

保存方法

冷蔵保存 : 一週間~10日間

冷凍保存 : 約1ヶ月

ガラス容器、プラスチック容器などに入れて保存します

アルミ製の容器に密封すると、発酵の際のガスで穴が開くそうなので避けましょう

調味料だけでなくダイエット、美容にも良いとされる麹

活躍の場が多いので常備しておくと便利です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です